首と頚椎専門整体院
首こりストレートネック整体院
首の痛み改善例

営業時間

月~金 13時~21時

土日祝 11時~18時

電話番号

03-6272-4900

住所

東京都千代田区富士見2-6-10

三共富士見ビル503

最寄り駅

​地下鉄・JR飯田橋駅 徒歩1分

頚椎がゆがみやすい 3つの理由

1.筋肉が少ない

首周りは、体の他の部分と比べると、圧倒的に筋肉量が少ないです。
筋肉は、骨格を動かす役割と共に、過度に動きすぎないよう「固定」という重要な役割を担っています。そのため、固定が弱い頚椎は小さな力でもゆがんでしまうのです。

2.良く動く

人は目で多くの情報を得る生き物です。そのため、頚椎は左右前後上下、自由に動く構造となっています。
しかし、動きやすいということは、すなわちゆがみやすいということです。
頚椎は、生きるうえで重要な役割を果たしている一方で大きな弱点とも言える部位です。

 

3.バランサーとしての役割

首は、身体のバランサーとしても大きな役割があります。それは脳との共同作業です。
そのため、体の他の部位(骨盤や胸椎)がゆがんでも、頚椎があえてゆがむ事で全身のバランスを維持します。
逆に言えば、頚椎がゆがめばそれは全身をゆがませる原因にもなるということです。

その長引く不調、痛み…

​もしかしたら頚椎のゆがみが原因

かもしれません

「最密位」とは、頚椎(首)を矯正する際の正しい位置や方向を指した言葉です。

 

やや専門的な話になりますが、頚椎には、構造的に動きやすい方向というのがあります。「頚椎のゆがみ」というのは、正にその方向に頚椎が動きづらくなってしまった状態を指します。

 

そのため、我々の仕事は、頚椎の最大限の動きを引き出してあげることですが、この時に重要になってくるのが「最密位」です。最密位こそが効率的で安全な矯正を可能にします。

 

最密位とは、言い換えると、頚椎の「最終可動域」です。最終可動域とは、頚椎が動ける最大限の範囲を指した言葉であり、この時に頚椎1つ1つが最も密接した状態になります。頚椎に関わらず、骨格矯正というのは、施術者がこの最終可動域に持っていけるかが非常に重要になってきます。

逆に、この最密位を無視した矯正は、一般的に危険とされており、事故の原因となります。


しかし、ページ上段でも記載した通り、頚椎は背骨の中でも特に動きやすい部位です。前後左右上下など、5、6パターンの動きが複雑に絡み合っています。そのため、特別な訓練を受けた施術者でないと、頚椎の最密位まで持っていくのは困難です。

当院では、専門的な訓練を積んだ施術者が、この最密位を利用し、痛みがない安全な手法で頚椎矯正を行います。
 

最密位 3つの特徴

1.痛くない

2.運動学的に正しい

頚椎の矯正と聞くと恐がる人もいるかもしれませんが、どうぞご安心下さい。

最密位では、首をグイグイと押したり、強引にねじったりなど、痛みを伴うような事は絶対に致しません。逆に、首に痛みを伴うような施術というのは、身体が本能的に危機と感じ全身が力んでしまいますので、そういった意味で細心の注意を払っています。
 

最密位の最大の特徴は、運動学的に理にかなっているということです。

頚椎矯正において一番重要なのは、7個ある頚椎の動きを熟知していることです。その動きを無視した調整は最大限の効果を得ることができません。

頚椎は、人体において重要でありながら、極めて「緻密な構造」となっております。

その「緻密な構造」の調整を、何でも屋の整体師にまかせて良いのでしょうか?我々は頚椎矯正のプロフェッショナルです。

3.力のバリエーション

最密位では、矯正する時の力を3つのグレードに分けております。
頚椎矯正では、狙った部位だけに効率良く力を伝えることが重要ですが、ゆがみの状態も様々です。例えば、強いゆがみに弱過ぎる調整をしても効果はありません。逆に、弱いゆがみに強い矯正は禁物です。過剰刺激になります。そのため、お体の状態に合わせたグレードを選択しますが、これこそが最密位が最大効果を上げ続けられる理由でもあります。

グレード1  ゆっくりとした持続圧
グレード2 短く連続した振動/バイブレーション
グレード3 短く瞬間的な振動

ゆがみの度合いによりこれらを使い分けますが、最終的にはグレード1に落ち着くケースがほとんどです。

何をしても改善しない症状に悩んでいるアナタ!

ズバリ!最密位を試さないことで損をしているかもしれません!