検索
  • nanakairo

顔色が悪いのは首コリが原因だった


こんにちは。東京千代田区飯田橋にある、首と頸椎専門ナナカイロ整体院です。


今回は、首の歪みと顔色の悪さの関係についてお話したいと思います。


顔色の悪い人って、なんとなく元気がなさそうだったり、暗い印象ですよね。


特に、女性は、自分の顔の色をとても気にしてしまう生き物です。

化粧でごまかしているけれど、普段の自分はいつも顔色が悪い…。

それ、実は、首の歪みのせいかもしれません!


顔色が悪いという事は、顔の血行が悪いということになりますよね。


人間には、7つの首の骨があるのですが、体から頭に繋がる大きな血管は、なんと首の骨の間を通っているのです。そのため、頭と体の中継地点でもある首が歪んでしまうと、大きな血管が圧迫され、頭に十分な血液が届かなくなります。

そうなると、もちろん顔の血行も悪くなり、中にはめまいを起こしやすくなってしまう人も…


顔色の悪さは、体が不調を訴えているサインでもあります。

厚いお化粧で血色をよく見せても、体のどこかがSOSを出しているのです。


首の矯正を行うことで、頭への血行を改善し、自然な血色を取り戻すと、体の不調も気づきやすくなりますよ!

女性の方はメイクの時短にもなりますね。

また、顔に十分に血液が行き届くと、表情筋が動きやすくなり、表情が豊かになります。

自然に素敵な笑顔になれるわけですね!


さらに、顔の自然な血色は、相手に明るい印象を与えることもできます。

これは男性にとっても嬉しい効果ですよね。


顔色の悪さでお悩みのみなさま、ぜひ一度、当院にご相談ください。


46回の閲覧