検索
  • nanakairo

シャンプーでストレートネック?首に優しい髪の洗い方!

こんにちは。東京飯田橋にある、首と頚椎専門ナナカイロ整体院の石川です。


今回は、シャンプーをする時の姿勢がストレートネックの原因になるというお話をしたいと思います。

当院には、日頃から首に関する様々なお悩みを抱えた方がたくさんいらっしゃいます。中でも多いのは、首の痛みや首肩のひどいコリなど。

そして、そんな方の首を触ると、多くの方が、本来の頚椎のカーブがなくなってしまった状態、つまりストレートネックなのです。

ストレートネックの原因としては、事故などのむち打ちなどによって起こることもありますが、ほとんどは日常の不良姿勢の積み重ねによって起きます。

みなさんが想像するのは、スマホの角度、デスクワークでの姿勢、枕の高さなどですよね。


しかし、意外な盲点なのが、毎日無意識にやってしまっている「シャンプーの姿勢」なのです!


私は、休みの日はいつも、ジムの後に温泉に入るのですが、お湯に浸かりながら、周りの人の姿勢や体型をジーっと見てしまう職業病があります(笑)

そんな中、いつも通り周りを見渡していると、あることに気づきました。

「なんか、下向いてシャンプーする人多いな…」と。


私は、昔から、上を向いてシャンプーする事に慣れていたので、この事実に改めて気づき、とても違和感を感じました。

その日、思い切って下を向いてシャンプーしてみたのですが、流している間の首の痛さと、頭を持ち上げた時の、予想以上の首への負荷。そして頭のふらつきに衝撃を受けたのです。

こんな苦行を、何年も毎日繰り返すことを考えると、私はゾッとしてしまいました。


その日の衝撃を思い返し、首でお悩みの女性のお客さま達に、試しに、「シャンプーする時、どのような体勢をされていますか?」と質問をしてみると、なんと9割近くの方が長年下向きでシャンプーをしていたのです!

私の予想は確信へと変わりました。

特に、髪の長いロングヘアの女性ほど、下向きシャンプー率が高いように感じました。

やはり、長年の習慣をいきなり改善するというのは、とても大変なことですが、私はそれでも、できるだけ上向きでシャンプーをしてもらうようにお願いしました。

すると、何度も寝違えやめまいを繰り返し、ガチガチだった方の首が、驚くほどに柔らかく、動きやすくなったのです。

「普段より、お風呂からあがった時の疲労感がなくなりました!」と感動する方もいました。

それだけみなさん、日頃のシャンプーによって、首に大きな負荷をかけていたのですね。


人間の頭の重さは、体重の約10分の1程の重さと言われています。

50キロの人であれば、約5キロ。ボーリング玉が乗っかっているようなイメージですね。

例えば、頭がしっかりと体の真上に乗るような、正しい姿勢であれば、首にはそれほど負担はかかりません。

しかし、頭の位置が前にずれていくと、首と体で支えていた頭は、首だけの力で支えなくてはならなくなります。

以前、頭の角度によって、首にかかる頭の重さが5倍近くになるというのは、別の記事でもお話ししました。

ですがそれは、あくまでスマホをやっている場合のお話しで、実際下向きでシャンプーをした体感としては、髪の毛の重さも相まって、10倍くらいの負荷がかかっているような感覚でした。

ロングヘアの方ならきっとそれ以上ですね…

首の骨は、とても動きやすい分、小さく脆い作りになるため、頭の重さによって簡単に変形してしまいます。

いわゆるストレートネックと呼ばれるものですね。

それがさらに悪化すると、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアなど、重い症状になりかねません。

手遅れになる前に、日頃のシャンプーを改善してみましょう!


すでに、ストレートネックになってしまっている場合、痛みによって、いきなり真上を向くことは難しいと思います。

まずは斜め上、痛くならないくらいの角度から初めてみましょう。

それでも辛ければ、正面向きでも構いません。

とにかく、下を向かないようにすること!それが第一です。

さらに、下ばかり向いてしまうと、なんとなく気分まで下がってしまいませんか?

次の日を明るい気持ちで迎えられるように、ぜひ頭も心も、上を向いて生活してみましょう(*^^*)






200回の閲覧0件のコメント