検索
  • nanakairo

肩コリの美容的影響



こんにちは。東京の飯田橋にある首と頚椎専門ナナカイロ整体院の石川です。


「肩コリなんて誰でも持っているものだから、放っておいて大丈夫」なんて思っている女性の皆様。


肩コリによって見た目に影響が出る。と言われたら、考え方も変わりませんか?


筋肉というものは、あまり動かず、使われなくなってしまうと、血液が行き届かず固まってしまいます。


デスクワークの多い日本人は、同じ姿勢で長時間いることが多いですよね。

そのため、肩や首を動かすことがなかなかできず、肩コリになりやすいのです。

一般的に、「肩」と言われている筋肉は、首、腕、背中、胸など、様々な場所と繋がっています。

特に首、脇、鎖骨周りにはリンパ節が多く存在しており、老廃物の排出にとても大切な部位なのです。


つまり、肩が凝ると、肩周りのリンパの流れも滞り、顔のむくみやたるみ、顔色の悪化に繋がります。

デコルテ部分も、むくみによって鎖骨が隠れてしまい、太ったような印象を与えてしまいます。

そのうえ、胸も張りがなくなり、垂れてしまうのです。恐ろしいですね…。

さらに、リンパは免疫の作用もあるのですが、それらが機能しづらくなり、病気にかかりやすくもなります。


病気になれば、顔色は悪くなり、痛みや苦しさから表情も固くなりますね。

ただの肩コリだからといって、侮ってはいけないのです!

これは女性だけでなく、男性にも言えることですよ。


しかし、肩コリは、ただ筋肉を揉み解せばいいというわけではありません。

肩の関節や、首、背骨の動きが制限されてしまっている場合、いくら一時的に筋肉を緩めても、また固まってしまいます。

大切なのは、肩周りの骨の動きを取り戻すことです!


当院は、女性施術者が在中しております。

プロポーションでお悩みの方、是非一度ご相談下さい。


36回の閲覧