検索
  • nanakairo

寝違えはなぜおきるのか?


こんにちは‼東京飯田橋にある、首と頚椎専門ナナカイロ整体院です。


今回は、皆様も一度は経験したことがある「寝違え」について、お話ししようと思います。


「寝違え」と聞いて、すぐに首や肩の痛みを想像した人が多いのではないでしょうか?


起床時に、首を動かすと、筋肉痛のような鈍い痛みが首や肩、背中に掛けて生じるのが寝違えの特徴的な症状です。また、首や肩の筋肉・靱帯に炎症が起きている場合もありますよね。そのような場合は激痛を伴う場合もあります。

 

一度寝違えると、2~3日痛みが続いて辛いですよね。。。


では、何故、寝違えは起こるのでしょうか?


主な原因として、

・睡眠時の姿勢

・枕やマットレスの寝具が合わない

などが考えられます。


また、寝違えを誘発する要因として、

・冷えによる血行不良

・過度なスポーツや、長時間のパソコン作業等による筋疲労

・過労や泥酔状態により、寝返りが打てない

などが挙げられます。


この様なことから、長時間、首周りに負担がかかり続け、筋肉や靱帯に炎症が起きてしまいます。また、炎症が起き筋肉が一度硬くなってしまうと、首回りの骨格も歪んでしまいます。


もし寝違えてしまった場合は、直後は冷やすことをお勧めします。

そして、熱感や痛みが治まってきたら、今度は温めて血流を良くしましょう。


また、痛みが治まってきた段階で施術(首周りの矯正)をする事によって、血流が良くなり、正しい骨の位置に矯正することにより、早く元の首の状態に戻ることが出来ます。


寝違え等の首の症状でお困りでしたら、是非、ナナカイロ整体院にご相談下さいね。


38回の閲覧