検索
  • nanakairo

頭痛女子のトリセツ②

最終更新: 2019年11月19日



こんにちは。東京飯田橋にある、首と頚椎専門ナナカイロ整体院です。

今回は、前回ご好評いただいた「頭痛女子のトリセツ」第二弾をご紹介しようと思います。


今回のテーマは、「もし一緒に暮らしている女性が頭痛だったら」です。

付き合って間もないカップルなど、相手の気持ちがわからない!という人は多いですよね。

これは長年、一緒に暮らしている夫婦でも同じことが言えます。

なかなか相手に甘えることができない女性、たくさんいますよね。

ここからはあくまでも私個人の見解なので、軽い気持ちで楽しんでいただければと思います!


想像してみてください。あなたが自宅に帰って来たら、同棲して間もない彼女、または妻が、リビングのソファでうずくまっています。

さらに頭を押さえています。どうやら頭が痛いようです。頭痛女子の登場ですね。

さて、あなたはそんな時、どんな行動をとりますか?

この行動によって、今後の二人の未来が変わってしまうかもしれませんよ?


そこで無視をするような男には、頭痛女子のみなさん。思いっきりビンタしましょう。(笑)


多くの人は、「どうしたの?大丈夫?」と、彼女を心配するような発言をしますよね。


しかし、彼女はゆっくり起き上がり「大丈夫」と言いながら、ご飯の支度をしようとします。


この時彼女は「辛いけど嫌われたくない、頑張らなきゃ」と、無理をしているかもしれないし、

また、妻は、「疲れて帰ってきた旦那に、美味しい物を食べさせてあげたい」と思っているはずです。


ここで彼女たち、頭痛女子の「大丈夫」を鵜呑みにしてはいけません!

辛いからこそ動くこともできずにうずくまっていたのですから。


「今日は俺がご飯作るよ!」と言えたら、あなたはとても素晴らしい男性と言えますね。

自炊に自信がなくても、「何かお惣菜でも買ってくるよ」など、彼女を休ませてあげるような気づかいができると、とてもいいです。


他にも、薬を飲ませてあげたり、ひざ掛けなどで体を温めてあげるのも、女性にとっては素晴らしい気づかいですよ。


前回も言いましたが、女性は男性に比べ、頭痛が起きやすい生き物です。

ホルモンの関係で片頭痛が起きる人もいれば、眼精疲労や肩コリから、緊張性の頭痛を起こす場合もあります。


日常生活に支障をきたすほどの痛みだと、精神的にも不安定になりやすいのです。

しかし、付き合って間もないカップルや、責任感の強い妻は、なかなか相手に弱みを見せられず、無理をしてしまうことがありますよね。


その彼女の本音と建前をうまく理解できてこそ、最高のパートナーになれるのではないでしょうか?



10回の閲覧