インターネット予約.png

ナナカイロ整体院HOME > ストレートネック > ストレートネックの原因

ストレートネックの原因

当院案内.png
喜びの声.png

営業時間

月~金 13時~21時

 土  11時~18時

定休日

日曜

電話番号

03-6272-4900

住所

東京都千代田区富士見2-6-10

三共富士見ビル503

最寄り駅

​地下鉄・JR飯田橋駅 徒歩1分

ストレートネックになってしまう原因は様々ですが、ナナカイロ整体院が考えるストレートネックの原因を紹介します。

 

①悪い姿勢(平背)

②ノートパソコンの長時間使用

③スマホの長時間使用

④下を向いた状態での居眠り

⑤下を向いた読書や物書き

⑥受験勉強

⑦首に合わない枕の使用

⑧老化によるもの

⑨事故によるもの

 

 

①悪い姿勢(平背)

一般的には、猫背がストレートネックの原因だと言われていますが、当院は猫背より平背がより頸椎のカーブを消失させる姿勢だと考えています。

平背は、背骨のカーブが真っ直ぐになった状態です。そのため、逆説的な言い方になりますが、一般的に「姿勢が良い人」がストレートネックになりやすいと考えています。わかりやすく言えば、「人に姿勢がいいねと言われるが首肩が痛い」方は注意が必要かもしれません。

 

②ノートパソコンの長時間使用

デスクワーカーに多いストレートネックですが、傾向的には、デスクトップ型のパソコンより、ノート型を使用している方のほうが首に負担が大きいです。なぜなら、ノートパソコンは高さの調節が難しく、デスクトップと比べれてば下を向く角度が強くなるからです。

 

③スマホの長時間使用はスマホ首を招く

スマホ首という言葉に表されるように、スマホの長時間使用は首へのダメージが大きいです。ただし、これは姿勢の問題であるため、下を向いて見る習慣を改めれば、かなりの軽減があるはずです。

 

④下を向いた状態での居眠り

電車通勤の方で、電車の中で眠ってしまう方は姿勢に注意しましょう。

頭を下にもたげるような姿勢で眠ってしまう方は、ストレートネックになるリスクがかなり上がります。なぜなら、下を向いて眠っているだけでも首への負担が大きいのに、睡眠時に筋肉が弛緩した状態では頸椎へのダメージは最大になります。帰宅時、疲れているのはわかりますが、眠る姿勢には意識を配りましょう。

 

⑤下を向いた読書や物書き

下を向いている時間が長いという意味で、他の項目と同様です。パソコン作業以上に、下を向いた作業は首への負担が大きいです。読書は工夫すればどうにかなりますが、長時間の物書きの作業は中々難しいです。定期的に首を動かすか、時には頬杖をついて頭の重さを支えてあげるのも1つのテクニックです。

 

⑥受験勉強

10代の体はまだまだ発達段階です。首周りの筋肉はまだまだ弱いです。勉学に励むのは大変素晴らしいことですが、中にはこの段階でストレートネックを形成してしまう若者も数多いです。特に、首が細く筋力がない女の子の首は脆弱です。受験勉強に励む若者達にこそ、頸椎のケアが最も必要だと考えています。

 

⑦首に合わない枕の使用

睡眠時の環境は身体に大きな影響を与えるものです。なぜなら、一日の1/3を人は布団の上で過ごします。特に、頭を支える枕の役割は非常に大きいです。合わない枕は頸椎の配列を崩し、ストレートネックを招く大きな原因になります。

 

⑧老化によるもの

これは、加齢により、骨や軟骨自体が変形を招いて頸椎の配列が崩れストレートネックになってしまうものです。代表的なものに、頸椎症や頸椎椎間板症があります。

 

⑨事故によるもの

車の追突事故、スキーやスノボーなどでの転倒によるむち打ち。また、接触スポーツによる頭部や頸部への強い衝撃もストレートネックの原因になります。

頚椎を整えると

驚きの変化を体感することができます!