インターネット予約.png

ナナカイロ整体院HOME > ストレートネック > ストレートネックの予防改善法

ストレートネックの予防改善法

当院案内.png
喜びの声.png

●ストレートネックの予防法

 

ストレートネックを予防するには、下を向く習慣を見直すことです。と言うのは簡単ですが、実際は中々難しいですよね。現代人の生活は、常に文章や情報と向かい合うこと。そして、我々もその恩恵に授かり文化的な暮らしを送っています。

 

なので、少しでも下を向く角度を軽減することから始めてみましょう。これだけでも効果絶大です!そのためのちょっとした工夫を紹介します。

 

ここでは、現代人のストレートネックの代表的な原因であるスマホを見る姿勢へのアイディアを紹介します。最近では、スマホ首という言葉も登場しましたね。これはストレートネックを指した言葉です。

 

スマホを見る時に、スマホを持っている手と逆の手を「グー」にして脇の下(スマホを持っている側の)に差し込む習慣をつけてみましょう。するとどうしょうか?手が下がらないので自然とスマホを高い位置で見ることが可能になります。

 

ちょっと偉そうですが、効果実証済みの方法なのでぜひ試してみて下さいね。

 

他にも、机でスマホや本を見ているときは、「頬杖」も1つのテクニックです。一般的に行儀が悪いとされている頬杖ですが、実際は首を守るためには必要な予防法です。特に、首周りに十分な筋肉がない子供達は、本能的に頭を支えようと頬杖をつくことがあります。これは仕方のないことなのです。

 

●ストレートネックの改善法

 

ストレートネックにも度合いがありますが、ひどいストレートネックになってしまうと、頚椎の前弯を回復するため、いくつかの方法を合わせて取り組むことをおすすめします。

 

その1つは、ストレートネックに理解のある腕の良い整体師、カイロプラクターを探すことです。ストレートな頚椎は、一つ一つの頚椎の可動性が失われた状態にあります。

 

ここでは、「脊柱モールディング」という手法を紹介しますね。

 

まず、500mlか900mlのペットボトルを用意します(中身は入ったままで大丈夫です)。それにハンドタオルを2つ折りにしたものをかぶせます。その上に首後面を当て仰向けになって下さい。

 

ここまでは、タオルを使用した似たような方法がメディアで紹介されていますね。ちょっと違うのはここからです。

 

そのまま10分~30分間その姿勢を維持して下さい。そして、不快感がないようでしたら、もう少し大きなペットボトルに変えてください。初めは、多少の不快感、キツさを感じるぐらいでないと効果は薄いです。そして、それを毎日3ヶ月間継続して行って下さい。

 

脊柱を支える靭帯の特性上、10分以下では矯正効果が期待できず、短期間の脊柱モールディングでも頚椎のカーブを変えることはできません。なので、10分以上、3か月です。そして、ゆるすぎても靭帯が十分にストレッチされないため、初めは多少キツイなと思うくらいがベストです。時間の経過と共に慣れていくでしょう。それこそが頚椎のカーブが変化している証拠です。

 

実際に、あるデータでは、この手法を13週継続することで頸椎の前弯が13度改善したという研究報告もあります。

 

この改善法は、ある程度の忍耐と努力が必要になりますが、強いストレートネックには、施術に合わせて紹介している手法です。

頚椎を整えると

驚きの変化を体感することができます!